割合が大きいほど責任

-

-

自動車事故は、自損事故と誰か他の人が巻き添えになった自動車の事故が存在します。

己だけの事故のケースでは自分だけで事故処理をするだけで完了となりますが自分以外が関与した自動車の事故はお互いにどのような不注意があったのかを調査してこの状況によって愛車の修理費や和解のお金かいくらのかなどが決定しますので、自動車保険会社の担当者を交えながらの交渉が欠かすことが出来ません。

一般的な自動車での事故の時、相手だけでなく自分にも多少なりとも間違いがあるケースが多くどちらかだけの責任が問われるという場面は多くありません。

当然赤信号で止まらなかったり、一時停止で止まらなかったなどによって起きた事故は大きな過失なりますが被害を受けた人にも落ち度があると言われます。

車での事故の状況ではどの人の過失で起こったかというのがかなり焦点になるのでこれを数字で表現したものが《過失割合》となります。

一例として、赤信号で進んでしまった、一時停止無視ケースであれば交通法上事故を起こした側に全てのミスがあるように思いがちですがその場面でその車が被害者の前方から来て目で確認できたケースだとすれば被害者でも注意が足りないと1割りぐらいの手落ちが指摘される状況もあります。

よってその状況では事故を起こした側が9割事故に巻き込まれた方が1割過失の割合と決められ間違いが大きい方に大きな過失が問われるのです。

また自動車事故の過失の割合前の事故の判例を参考にして結論付けられる場合が多く日弁連の交通事故相談センターから公表されている表等が参考として用いられています。

このような過失割合の、割合が大きいほど責任、言い換えると損害賠償額も大きくなりますから、交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく自動車の保険屋さんの担当者に参加してもらってちゃんと交渉することが重要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.e-brain.org All Rights Reserved.