www.e-brain.org

-

-

個人の破産における手順にしたがって申請人は最初に申し立ての書類を住む場所を管轄する地方裁判所に届け出るということになります。申請者が提出した申請書類が来ると裁判所は、自己破産申立の許可をしたほうがいい理由があるかなどといったことを議論することになって、審査の完了したとき、申請者に支払不能の様態といった必要な条件が十分備わっていた場合は、破産申立の許諾がされることとなります。しかし、自己破産申請の決定があったとしてもそれだけでは返済責任が解消されたことになりません。免責を受ける必要があるのです。免責というのは破産の手続き上において返済することができない人の返済額に対して地裁によってその責任を免除するというものです。※要は借金額を帳消しにすることです。免責の場合でも、認定の審理と同様で裁判所権限で診断があって、議論の終了後、免責の許可がもたらされれば申請人は借金から免れることとなり借金額は消滅になるわけです、その後、ローンやクレジット払いが利用できなくなることを除き、自己破産認定者が被る不便からも自由になることとなります。免責非認定(借金をゼロにしてもらえない)という決定がされてしまうと債務くわえてが受ける不利益は残ることにならざるをえません。破産に関する法律の免責制はどうにもならない原因で多重負債を抱えて、苦しむ方を救い出すのが目的の取り決めです。ですから財産を秘密にして自己破産の準備をしたり、司法に対し嘘の用紙を提出するなど破産システムを不正使用する人間やギャンブルや買い物などの浪費によって借入を作ってしまった人の場合個人の破産の認可手続きをストップしたり免責が許されません。法律では、免責の認可を手に入れることができない要因を今挙げた場合以外にも数種類設定していて、免責不許可の要因といいます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.e-brain.org All Rights Reserved.